2018年5月19日土曜日

北海道ツーリング!フェリーを確保出来るか!?


















勤務先で長期の休暇が取れ、
2017年夏の北海道バイクツーリングに
行くことになりました。
行きのフェリー航路、大洗発の商船三井フェリーで
予約をしましたが、客席は取れましたが、
バイク積載が空席待ちになりました。
空きがでないとツーリングに行けないので、
念のため他の航路も検討します。


<参考 北海道への船の航路を考えよう!!




新日本海フェリー


新潟発に新日本海フェリーを予約することにしました。

新日本海フェリーの客室タイプは、
1人用で個室のツーリストS、
カプセルホテルのようなベッドの
ツーリストAとツーリストCがあります。

個室が良さそうなのでツーリストSで予約をします。

すると、あっさり!!

新潟発の空きがあり、予約完了です。

お盆休み前だったので期間Aにあたり、
船名 あざれあ
ツーリストS 10,180 円
二輪 6890円
合計:17,070 円
の費用になりました。

これで、行きの航路は確保できました。

帰りの便の予約


行きの便は2ヶ月前の予約開始を過ぎて
申し込みましたが、帰りの便の予約は2ヶ月前に、
申込できます。
帰りの便は苫小牧発大洗着の
商船三井フェリーで予約です。
やはり、大洗から横浜までの距離が近いのと、
北海道を時計回りに廻って帰りは苫小牧で
乗船しようと思ったからです。
期日が来たら速攻で申し込みました。

しかしっ!!

帰路の予約は客室の予約がいっぱいで、
バイク積載の空きだけがありました。
バイク積載だけ予約をしても
仕方がないので、客席は空席待ちにしました。


新潟着と苫小牧着


帰りの便もないと困るので、
他の航路を探すことにします。
また、新潟と仙台の便、どちらの航路にするか考えます。

北海道を時計回りに廻れば、
帰りの便は苫小牧から乗船した方が都合がいいです。
そうすると、小樽~新潟の分より、
苫小牧~仙台の便の方がいいです。

また、北海道で充分疲れて300キロの
道のりは大変なので、1日早く北海道から
帰路について本州では途中、何処かで泊まってから
帰路につこうと思います。
とすると、仙台から走って帰る方が、
僕的に面白いと思いました。

というところを考えて、
帰りは苫小牧~仙台の便で帰る事にします。

太平洋フェリー


仙台の便も予約できました。

太平洋フェリー
苫小牧 19:00発
仙台 翌日10:00着
船名:新いしかり

B期間だったので、
B寝台 大人 インターネット割引
11,300 × 1 = 11,300円
二輪車(50cc超400cc以下)
インターネット割引 7,800 × 1 = 7,800円

合計  19,100円
の費用でした。
B寝台はカプセルホテルのようなベッドです。

これで、行き帰り共にフェリーの予約が出来ました。
台風とかで船が欠航しない限り、北海道ツーリングに行けます。










旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿