2017年10月20日金曜日

八戸市の『はっち』はバスパックがいっぱい。観光に出かけよう!!




















夏期休暇を挟んで札幌で仕事になりました。

そこで、北海道に留まって函館、青森と廻ることにしました。
特急北斗に乗り函館をあちこち廻り、
新幹線で青森に移動し、弘前でお城巡りをして、
翌日、台風が近づいてくるなか八戸に移動しました。

台風も過ぎ去り、夜は八戸の美味しい物を頂いて、
翌日、根城にお城巡りをしました。

<参考 青森の八戸で根城にお城巡り!!

夜には、北海道に帰るため、フェリーに乗ります。

八戸中心街ターミナル


根城からは、またバスに乗り、フェリー乗り場行のバスが出ている
『八戸中心街ターミナル』に向かいます。

『八戸中心街ターミナル』というと、
駅前にあるようなバスターミナルを想像していました。

バスターミナルが何処にあるのか探していましたが、
そうではなく5つのバス乗り場がある周辺の事だったのです。

<参考 中心街周辺バス乗り場 

ぱっと見ても分かり難いです。




















『八戸ポータルミュージアムはっち』という案内所があるので、
最初はそこに行った方がいいですね。

<参考 八戸ポータルミュージアム >

夜は21時まで開いてて、コインロッカーがあります。
フェリーは夜出発なので、まだまだ時間があり、
バスでいろいろ出かけても全然大丈夫なようです。

せんべい汁


出かける前に、お腹が空いたので何か探してみました。
昼間にランチをやっていた、居酒屋 弁慶さんです。




















八戸せんべい汁定食、998円。
せんべい汁は、八戸の郷土料理で、
やんわりとなったせんべいが汁の中に入っています。

 バスパック




















『八戸ポータルミュージアムはっち』で、
バスパックのパンフレットを見つけました。

バスパックというのは、観光バスと違い、路線バスに自分で乗って
自分でバス停で降りるパックです。

バスの往復乗車券と施設の割引券などが含まれていてお得になってます。
バスの本数も多いので便利です。

いくつかあるうちの『酒蔵見学バスパック』を選びました。

<参考 八戸酒造酒蔵見学バスパック 

『八仙』や『男山』の八戸酒造さんを見学です。
バス往復乗車券と酒蔵見学で800円。
見学時間は1日2回で、10時30分から11時30分と
14時30分から15時30分で、
所要時間はバス往復含めて2時間くらいです。
フェリーの乗車までの時間を過ごすには丁度いいです。

八戸酒造


10分くらいバスに乗ると、酒造近くのバス停『小中野』で下車します。

地図を見て、真っすぐ酒造方向に歩くと、川向こうに蔵が見えてきます。



















入口は見えてる蔵の逆側にあります。



















看板は駒井酒造店とありますが、名前は初期のもので、
今は株式会社にして『八戸酒造』に変更してあります。
入口入って右側すぐに受付があるので、酒造見学で
チケットを渡せば案内してもらえます。
建物は大正に建てられた建築物で、
酒蔵でレンガ造りは珍しいそうです。



















建物内はイベントスペースを造ったり改装しています。



















蔵の1階は製品を保管していますが、2階は空きスペースになっていて、
蔵内の活用を考えているんだそうです。



















2階はとてもいい雰囲気の空きスペースだけど、トイレが無く、
階段が急なところがイベントに中々使えないんだそうです。

バスパックはいろいろ種類があります。
時間があれば、いろいろ廻ると面白そうです。






旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月17日火曜日

青森の八戸で根城にお城巡り!!


















夏期休暇を挟んで札幌で仕事になりました。

そこで、北海道に留まって函館、青森と廻ることにしました。
特急北斗に乗り函館をあちこち廻り、
新幹線で青森に移動し、弘前でお城巡りをして、
翌日、台風が近づいてくるなか八戸に移動しました。

参考 弘前から新幹線で八戸へ!!

台風も過ぎ去り、夜は八戸の美味しい物を探しに出かけます。

えびす家


雨もあがって、夜は駅前の『えびす家』さんに行きました。




















まずは、晩酌セットで、イカ刺しと、いかげそを頂きました。




















イカ刺しです。




















いかげそです。




















そして、しめ鯖を頂きました。




















あとは、3種お試しセットで、
八仙、男山、南部美人です。
東北を満喫ですね。

根城へ


八戸に来たのは、北海道に戻るのにフェリーに乗船したいからと、

八戸で『根城』をお城巡りして帰ろうと思ったからです。

根城へは八戸駅からバスで行きます。




















バスロータリーの1番乗り場、南部バスに乗って、
200円、20分くらいで「根城バス停」降車します。

八戸博物館





















まずは、根城の隣にある八戸博物館で学習してから
根城に行きます。




















根城は城郭でないお城です。
世間一般的には、根城のような城の方が多いそうです。




















博物館には、戦国時代以外の物も展示されてます。
下駄でスケートなんて、とても上手くないと滑れないですよね。

根城






















いよいよ根城です。

門は、八戸城から移築されたものだそうです。




















本丸は、門から少し歩いたところにあり、途中、空堀跡があります。

根城は1334年に南部氏により築城されました。南部氏は

元々甲斐の国(現在の山梨県南部町・身延町)が

拠点の有力鎌倉御家人だったそうです。
1627年秀吉の時代、遠野に領地替えになるまでの300年間、

落城することなく南部氏の拠点でした。




















本丸に向かいます。




















本丸内には『主殿』と呼ばれる、来客との面会や儀式に使われた建物が

復元されています。


















旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月14日土曜日

もっともっと、米国債券ETFを比較しよう。

2月のNISA枠の購入で米国債券投資として、
バンガード社のETF、EDV(超長期米国債ETF)を
購入しました。ネットで調べてると、EDVは
長期の国債を対象としてます。EDVの配当はいいですが、
価格の変動も大きいようです。
他の米国債券ETFも調べて比較しました。
さらに、他の米国債券ETFも調べました。

<参考 もっと、米国債券ETFを調べてみよう。

まずは、連動指数を比較してみました。

<参考 もっと、米国債券ETFを比較しよう。

価格変動や配当についても調べてみます。

価格変動は?


VCSH、VCIT、VCLT

債券の残存期間が長いほど、利回りがいいけど、
価格変動が大きくなるそうです。
実際の価格変動を見てみましょう。

VCSH バンガード 米国短期社債ETF
VCIT  バンガード 米国中期社債ETF
VCLT バンガード 米国長期社債ETF
を比較します。
Yahoo!ファイナンスで調べました。










VCLT、VCIT、VCSHの順で価格変動が大きいです。


VGSH、VGIT、VGLT、VMBS

VGSH バンガード 米国短期政府債券ETF
VGIT バンガード 米国中期政府債券ETF
VGLT バンガード 米国長期政府債券ETF
VMBS バンガード 米国モーゲージ担保証券ETF

を比較します。
Yahoo!ファイナンスで調べました。










VGLT、VGIT、VMBS、VGSHの順で
価格変動が大きいですね。

投資フォーカスのデュレーションとも一致してます。


EDV、BLV、VCLT、VGLT

長期の債券ETFの中ではどれが
価格変動が大きいのでしょうか?
EDV バンガード 超長期米国債ETF
BLV バンガード 米国長期債券ETF
VCLT バンガード 米国長期社債ETF
VGLT バンガード 米国長期政府債券ETF
を比較します。
Yahoo!ファイナンスで調べました。










EDVが一番価格変動が大きいですね。

配当利回りは?


3月の株価を元に直近1年の配当を見てみましょう。
Yahooで調べました。











やはり長期のVCLT、VGLTの配当が大きいですね。
前回のと比較しても価格変動が大きかった
EDVが配当が大きいです。




旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月11日水曜日

弘前から新幹線で八戸へ!!




















夏期休暇を挟んで札幌で仕事になりました。

そこで、北海道に留まって函館に行くことにしました。
特急北斗に乗り函館をあちこち廻り、
新幹線で青森に移動し、弘前でお城巡りをして、
夜は弘前の美味しいものを頂きました。

<参考 弘前の居酒屋さんで地元の料理を頂いた!!

札幌から函館、弘前と来て、また仕事があるので、
札幌に帰らなくてはいけません。
八戸まで行って、フェリーで北海道に帰ることにしました。
なので、弘前からは八戸に移動します。


旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10月8日日曜日

弘前の居酒屋さんで地元の料理を頂いた!!




















夏期休暇を挟んで札幌で仕事になりました。

そこで、北海道に留まって函館に行くことにしました。
特急北斗に乗り函館をあちこち廻り、
新幹線で青森に移動し、弘前でお城巡りをしました。

<参考 弘前を観光、桜の弘前城をお城巡り

弘前の街



旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加