2015年6月9日火曜日

契約社員と正社員、雇用問題は難しい。

古くからの友人から、飲み会でこんな話がありました。

長年勤めていた人(正社員)が病気で長く休職していたが、治ったので復職する。
今の職場には代わりの人(契約社員)が働いて、真面目に仕事をしている。
どうなるんだろう?



複雑な問題ですね。

前に読んだ労働関係の本を思い出しながら、
自分の職場で起こったらと想像しながら考えてみた。

<参考 正社員、契約社員って何だろう??


読んだ内容をおさらいすると、

正社員は、いつでも・どこでも・何でもという考え方で、「いつでも」は残業、

「どこでも」は転勤、「何でも」は、やるべき仕事が限定されていない、

かわりに雇用は維持される。

契約社員は、仕事の内容は決まっていて、勤務地も決まっている

仕事、勤務先を変えるには、契約を結びなおすことになる。

雇用は有期で、仕事がある限り、特別に不都合がなければ

契約は更新される。

とすると、

正社員の観点で見ると、復職すれば、雇用は維持される。
だけど、仕事が無いのだから、「どこでも」って考えると、
他の職場に転勤になるかもしれません。
病気が治ったばっかしで、転勤ってのもどうかと。

一方、契約社員の観点で見ると、契約期間中は雇用は確保される。
再契約時に、正社員が復職することで仕事が無くなるのだから、
契約が継続されないかもしれません。

二人とも雇用が維持されれば良いでしょうが、会社も経費もあります。

どうなるか、また機会があったら友人に聞いてみます。


旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿