2015年6月19日金曜日

外国税控除?配当控除?来年の確定申告に備えてお勉強です。













2014年分(平成26年分)の確定申告は、国税庁のHP、作成コーナーで

流れにまかせて作成しました。

<参考記事 海外株の税金を取り戻すべく外国税額控除を使おう!


いまいち分からなかったところもあったので、来年に備えてお勉強です。



分からなかったのは2箇所

☆外国税額控除が、事前に計算した金額より少ない?

☆配当控除は使った方が良かった?


外国税控除が、事前に計算した金額より少ない?


Google先生に聞いたところ、外国税額控除の限度額があって、限度額の計算式は、

その年分の所得税の額 × その年分の国外所得総額 / その年分の所得総額

になります。

この式で算出された限度額で控除しきれなかった分は

翌年以降3年間繰り越すことができるそうです。

限度額を超えてたから、事前計算した金額より少なかったという訳でした。

全部が全部返ってくる訳じゃーないんですね┐( ̄ヘ ̄)┌

配当控除は使ったほうが良い?


これもGoogle先生に聞きました。

<参考記事 株の配当金も確定申告すればお得!?


課税所得によって、得するかどうかが決まるんですね。

売却損は、塩漬けの電力株を売ればありますが、課税所得で判断することになりそうです。

まとめ


間違いはないようなので、来年度も確定申告をやっていきたいと思いました。








国内旅行 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿