2015年1月28日水曜日

ぼくロボット

日経新聞に「「ロボット失業」怖くない 人の仕事のトモダチだよ 」って記事がありました。


ロボットっていうと、今までは工場で半導体や車を作ったりだったけど、

・弁護士の仕事で証拠探しという資料を探す作業をコンピュータが行う。
・銀行業務で受付や事務作業を人の言葉が分かる日本IBM製の認知型コンピューターが行う。
・旅館でロボットが活躍。

こーんなことが普通になってくるって記事でした。


10年以上前かなー?

IBMだったと思いますが、音声認識のソフトが発売され、
マイクとソフトがセットになっていて、しゃべると文字に
変換されるもんでしいた。

変換は、まぁーいまいちでしたね┐( ̄ヘ ̄)┌

それからしばらく、そーいった商品は聞かなかったけど、
グーグルやアップルのスマホが声で検索出来た時は
ビックリしましたねー

どんどん進化していろいろ変わっていくのでしょうね。

「ボクはこれからも人の仕事を手助けする。その分、みんなに
新しい働き方を見つけてほしいんだ。技術革新は怖くない。」
って締めくくってます。

ロボットがどんどん進化して、仕事は奪われるんだろうけど、
古いやり方のままだと、世界に取り残されちゃうから、
やっぱり進化は必要だね(o^∇^o)


旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿