2017年5月27日土曜日

セロー250の接触不良、どう直そうか?


















セロー250に付けてあるETCが接触不良です。
素人ながら、サービスマニュアルを片手に、
どうにか接触不良の場所が分かりました。

<参考 セロー250の接触不良個所を調べます。

原因は、ヘッドライトから分岐される赤のエレクトロタップです。












ちょっと不安だけど、きっちり接続をやり直そうと思います。
配線には多少余裕がありそうです。

接続方法は?


配線を分岐する方法をGoogle先生に聞いてみました。
エレクトロタップは、接続は簡単だけど、振動とかで接触不良が
起こりやすいんだそうです。
ギボシ端子で接続するのがベストだそうですが、
難しそうだったので、圧着端子で接続することにしました。



後で調べると、分岐用のギボシ端子もアマゾンで売られてて、
ギボシ端子でも良かったなぁと思いました。



圧着すると、こんな感じの配線になります。



持っている道具は?

持っている道具はホームセンターで手に入る程度の物です。

・結束バンド
配線をフレームなどに沿わせて、結束バンドでしばります。













・自己融着テープ
接続部分に巻いて。防水をします。













・配線コード
配線を延長するときに使います。
太さとかあると思いますが、そこまで考えてません。













・六角レンチ
バイクのカバーを外したりするのに使います。













・ソケットレンチ
バイクのカバーを外したりするのに使います。
かなり昔に買いました。
メーカ品では無いですが、よく使い役にたってます。














・ニッパ
配線を切ったり、被覆をむいたりするとき使います。














・圧着ペンチ
圧着スリーブをかしめて、配線を接続します。














持っている道具を使って、接触不良の原因である
赤のエレクトロタップを取り外し、
配線を圧着ペンチで接続します。

こんな感じの工具でなんとか接触不良を直したいと思います。






旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿