2016年12月16日金曜日

バイクのバッテリがあがっちゃった。























ツーリングに行こうと久しぶりにエンジンをかけました。

キーをまわしてセルを押すと、カチッ。

あれっ??

カチッ、カチッ。。

あれれ??


メータとかは、ちゃんと表示されてます。

でも、セルが回らない。

思えば、いつからエンジンかけてなかったか。。



出張やらなんやで、すっかり乗ってませんでした。

バッテリが!!


どうしようか??


車があったときは、車でバイク屋に買いにいけばよかった。

駅から徒歩でいけるバイク屋なんて、上野くらいしか思い浮かびません。
もう、車は売っちゃったし。

<参考 自動車の売却までの道のりを振り返る!


かといって、こんな時の為だけにカーシェアの会員になる訳にもいきません。

バッテリを通販で買うか?

任意保険のロードサービスを使う


そんな時に思い出したのが、バイクの任意保険。

<参考 バイクの保険も検討、ロードサービスを重視しました!!

レッドバロンまでバイクの持って行ってくれます。

こんな事も車があった時は積んでいけるので、全然問題ない事でした。

もしかしたら、保険を使った方が安いかも?

レッドバロンに電話します。
取りに来てくれるそうです。

通販のバッテリ


バッテリ交換は通販で値段を調べると全然お高いです。

通販で買うと

セロー250の標準バッテリは、GSYUASAの6N6-3B-1

1万円くらいします。

互換品は、全然安くて、3000円くらいです。

通販のバッテリの方が全然安いです。

そこで考えるのが、バッテリ交換しても直らなかった場合です。
素人にはお手上げです。

正常に動いているときに、バッテリを交換して駄目になったら、
配線とかキルスイッチ(エンジン停止ボタン)を誤って押したとか
何となく原因が想像つきますが、動かないときに交換して駄目だったら、
何が何だか分からなくなります。

お高いけど、ここはやっぱり専門家の知識を頼りたいと思います。
次回は、駄目になる前に交換しておくですね。

レッドバロン


レッドバロンは取りに来て、修理はしてくれるけど、
引き取りは取りにいかないといけません。

交通に便利なところにないのになぁって思ってたら、
バス亭の近くで、全然大丈夫だということが分かりました。

しばらくすると、レッドバロンがやってきて、
ついでに、オイル交換もお願いして、
バイクは引き取られていきました。
このとき、自賠責も切れかかってる事も発覚しました。

そして夕方、修理完了の電話がかかってきました。
バッテリ交換で無事復旧したそうです。

ヘルメットとグローブを持ってバスに乗って、
レッドバロンに向かいます。

バッテリとオイル交換、自賠責加入で、結構なお金が飛んでいきました。
さらに、ドライブチェーンも寿命でスムーズに動いてないそうです。

チェーンは買ってから交換してないのと、引き取られる前に
見ていて赤く錆びついてたので、あっやっぱりって想いです。

交換を見送って、シーズンが終わったら交換することにしました。

やっぱり、バイクに乗らないといけないし、定期的にメンテナンスをしてないと


痛い目にあいますね。

国内旅行 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿