2016年4月10日日曜日

アセット・アロケーションの新興国株式クラスの割合が下がってきた。世の中の状況を調べます。

僕の資産配分(アセット・アロケーション)での新興国株式クラスの割合が
低くなってきました。


新興国株式クラスは5.0%が目標ですが、3.7%と割合が下がってます。


資産配分中の日本株式クラスは割合を下げているので、

日本株式クラスから新興国株式クラスに移行してもいいかなぁって思います。


<参考 資産配分と資産運用方法を修正しました。 



その前に、世の中の状況はどうなんでしょうか?

世の中で人気の投資信託などなど、どぉーなってのか
調べてみます。

野村證券さんの投資信託ランキングは?

証券会社の中でもトップ企業、野村證券さんの買付ランキングを見てみます。


<参考 野村證券 | 投資信託ランキング - 買付金額 - >

~野村證券さんの買付ランキングより引用~

※3月のデータです。

順位商品名資産地域
1位野村ハイパーブル・ベア5(日本ハイパーブル5)株式日本
2位野村インデックスファンド・日経225株式日本
3位フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)不動産北米
4位野村グローバル高配当株プレミアム 毎月分配型株式グローバル(日本含む)
5位ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)不動産グローバル(日本含む)
6位新光 US-REIT オープン不動産北米
7位野村インデックスファンド・JPX日経400株式グローバル(日本含む)
8位グローバル・ロボティクス株式ファンド(1年決算型)株式グローバル(日本含む)
9位東京海上J-REIT投信 豪ドルコース(毎月分配型)不動産日本
10位野村ハイパーブル・ベア5(日本ハイパーベア5)株式日本

買付ランキングされた投資信託のうち、株式が6商品、不動産が4商品。

最近の新聞記事でもよく見かける不動産の商品が多いですね。

新興国株式は何処にもないです。

人気の不動産投資信託、新興国株式は、どーなんでしょうか?

いつも投信信託を選ぶ時は、著名な投資ブロガーさんの記事を参考にしてましたが、

自分で調べてみたいです。


まずは、不動産投資信託をコストを重視して選んでみようと思います。

~つづく~


国内旅行 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿