2017年2月10日金曜日

欧州株式投資を考えてみよう!!













僕の資産配分は、
日本株式、先進国株式、新興国株式、日本債券、
外国債券、外国不動産
の6つの資産クラスで出来てます。

欧州の株式はどうなんでしょうか?

先進国株式に入ってます。

欧州の割合


僕の持っている商品で欧州株式への投資というと、
投資信託で、ニッセイ外国株式インデックスファンド。

確定拠出年金でも先進国株式投資信託。
外国株式でブラックロック社のETF、
EFA(iシェアーズ MSCI EAFE ETF)と
バンガード社のVT

バンガード社のETF、VT(バンガード トータル ワールド ストック ETF )は
全世界の株式に投資しています。

国別構成比率を上位10カ国を見ると、
米国が約50%を占めてて、後は日本が8%くらい、
欧州は、英国(6%)、フランス(2.8%)、ドイツ(2.8%)、
スイス(2.8%)で、合わせると約14.4%です。

日本より割合は大きいです。
欧州は上位10カ国以外にもあるので、
もっと割合が大きいですね。
機会があれば、資産クラスに欧州を
入れてもいいのかなと思ってます。

EFAは、米国とカナダを除く先進国なので、
欧州、オーストラリア、アジア、極東地域となっています。
EFAの国別保有内訳をみると、日本が22%くらいを占めてます。
欧州は、英国(19%)、フランス(9.8%)、ドイツ(9%)、
スイス(9%)、スペイン(3%)、オランダ(3%)、スウェーデン(2.9%)で、
合わせると、約55.7%です。

資産配分の欧州株式の比率は?













欧州の割合は、10%でした。
資産クラスを株式のみにすると、













欧州株式の割合は13%です。

思ったより大きかったです。
5%割り込むくらいかと思ってました。
資産クラスを増やすと管理が大変なので、
定期的に見ることにして、
このままにしておこうと思います。



国内旅行 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿