2017年2月13日月曜日

セロー250に取り付けるトップケースを購入するまで


















バイクのトップケースを購入を検討します。

トップケースとは何かというと、
タンデムシート(バイクの後ろに乗る人のシート)に積む
樹脂とかで出来た箱のような物です。



樹脂で出来たケースなので雨にも強く、
取り外しが楽なのがいいです。


大きいものなので、バイク用品屋さんだと
持って帰る訳にいかず、取付けて帰らなければいけないと思って、
通販で購入することにしました。

GIVI社

メーカはいろいろありましたが、種類も豊富なGIVI社にします。
イタリアのメーカーです。


<参考 GIVI WEBサイト


製品のラインナップ

GIVI者社WEBサイトの製品紹介にもありますが、
トップケースには2種類あって、モノキーケースと
モノロックケースがあります。
モノキーケースはシェルの厚みが違ってて、ガッチリしてるけど重い、
400cc以上の車両におすすめで、専用のステーも必要になります。
車種別の表で見ても、排気量の大きいバイクしか専用ステーは
ありません。


<参考 GIVIケースを車種から探す


なので、セローはモノロックケースになります。


サイズを選ぶ


サイズがどのくらいというのも悩むところです。
モノロックケースの種類も25Lくらいから47Lくらいまで
種類が豊富です。
持っていたシートバック(容量20~30L)を参考にしました。

シートバックとは何かというと、
タンデムシート(バイクの後ろに乗る人のシート)に積む
ナイロンとかで出来たバックです。
着脱が簡単なようにつくりになってます。

シートバックで20~30Lの表示は、ファスナーで、
容量が変えられるという意味です。
お土産等で荷物が増えた時に増やすことが出来ます。

横に広がるタイプのバックだったので、
容量を増やすファスナーは使っておらず、
20Lくらいで使用してました。
泊りで出かけると、ちょっと少ないかなと思っていたので、
20Lより大きい、30Lを選びました。

選んだのが、 未塗装ブラック E300N2です。

取付ベースを取りつけておいて、用途に応じて、
ケースを替えてもいいかもしれないですね。

横幅もセローのハンドルサイズで見ると出っ張らないようです。





旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿