2017年6月8日木曜日

電話用のスマホはBIGLOBEにしました!

スマホが壊れたので、
新しいスマホをAQUOS SH-M04に決めて
楽天モバイルで購入することにしました。

スマホを2台、電話用とデータ通信用を持っていて、
電話用が壊れたので、データ通信に使っていたスマホを
電話用に設定します。
そして、楽天モバイルでデータ通信用のスマホ
AQUOS SH-M04を購入しました。

<参考 AQUOS SH-M04がやってきた。



電話用のスマホをどうしよう?


データ通信用のスマホを
楽天モバイルに替えたので、
電話用スマホも楽天モバイルに
替えようと思っていました。
別々だと管理が大変ですからね。

楽天モバイルに替えると、
事務手数料が必要になります。
なにより、電話用のSIM変更は、
電話番号を移動する手続きが面倒です。
今のまま、BIGLOBEのままの方が
いいのではないかと思ってきました。

BIGLOBE


契約がBIGLOBEのままでもデータ通信用の
SIMサイズを変更しないといけません。
(micro-SIMからnano-SIM)
SIMが変わるから事務手数料が
必要になってきます。

BIGLOBEによると、
『SIMカード種別変更手数料として、3,000円(税別)が必要になります。』
だそうです。

楽天モバイルで通信用SIMカードを利用してて、
電話用SIMカードを追加しても事務手数料はかかります。

楽天モバイルのデータ通信用SIMは、
解約の最低利用期間も契約解除手数料も
必要ありません。

楽天モバイルの契約は解約して、
BIGLOBEのまま、SIMのサイズを
変更することにしました。

BIGLOBEのSIMカード














BIGLOBEからSIMカードが届きました。
microSIMカードからnanoSIMカードへの変更です。














届いたSIMカードを取り付け、取説を見ながら、
インターネットの設定を行います。














APN(接続先)の一覧にBIGLOBEが無いので
『アクセスポイントの編集』で追加入力しました。
取説にあった『PDP Type』の項目がスマホに無かったので、
入力をしませんでしたが、通信は問題なく出きました。

BIGLOBEの接続が出来たので、楽天モバイルを解約します。
会員サポート(マイページ)のメンバーズステーションから
楽天モバイルの解約申請です。

無事スマホを新しくできたので、もっと使っていきたいと思います。




旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿