2015年2月28日土曜日

ANA「旅作」は安いけど、連泊すると割高なのでは?

僕の会社は出張費用は立替です。

出張が決まれば、事前にチケットを予約して帰ってきたら清算です。


旅費は、ANAの「旅作」が安い。

「旅作」は、宿泊費用と往復の飛行機チケットがセットになっていて、

飛行機チケットだけでも安くなっていて、宿泊費用はおまけで付いてくるような感じです。




例えば、四国に行くとして、飛行機の時間帯、宿泊先のレベルで違いますが、

旅作だと、飛行機往復+1泊が、だいたい26,000円くらいです。

片道の飛行機チケット費用は、通常で37,890円、1ヶ月前の得割で

だいたい16,000円なので宿泊費用分以上にめちゃめちゃ安いです。

ただ、乗車時間が変更になっても変更は出来ず、キャンセル費用がかかります。



この「旅作」ですが宿泊数が増えると、宿泊費用は割安でなくなります。

例えば、高知に飛行機でいって、四国内を電車・バスで移動して連泊するような場合、

最初の1泊まで安かったのですが、宿泊先を追加すると、追加費用は

同じ宿泊先でも、楽天トラベル等で予約したほうが安いし選択先もいろいろありました。


※ANAの宿泊先の選択数は、楽天トラベルなどに比べ少ないですが、

 他の旅行サイトで宿泊先が無くても、同じ宿泊先で空きになっていて予約できることがあります。



なので出張先で連泊のケースは、往復飛行機チケットと1泊までは「旅作」で、

他の宿泊費用は、楽天トラベルなどで予約する方が費用が安く活用してます。



国内旅行 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿