運用商品のまとめ

運用商品の考え方


僕は会社員です。
会社の資産運用に関係する制度は
有利な金融商品を取り扱っていると思います。
まずは、勤めている会社の制度はしっかりと利用していきたいです。
そのうえで、一般の証券会社で有利な商品を選んでいきたいと思います。

・日本株式の積立は会社の持株会です。

・外国株式の積立は確定拠出年金です。

・投信信託、ETFの選定
 
 純資産総額 30億円以上
 信託報酬はなるべく低いもの



運用商品を選ぶ


運用商品を調べました。
定期的に見ていこうと思います。


 ~ 投資信託を選んでみる  ~



商品リスト(ポートフォリオ)




<日本株式>

・持ち株

・日本株式ETF
  MAXIS トピックス上場投信 (1348)

・日本株式投資信託
  ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド

・個別株式

・外国株式ETF(日本株式部分)
  EFA
  VT

<先進国株式>  

・確定拠出年金
 外国株式インデックスファンド

・外国株式投資信託
 ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド

・外国株式ETF(先進国株式部分)
  IVV
  EFA
  VT

<新興国株式>

・新興国株式投資信託
 DIAM-たわらノーロード 新興国株式

・外国株式ETF
  VWO

・外国株式ETF(新興国株式部分)
  VT

<外国REIT>

・外国株式ETF
  IYR

<無リスク資産>

・定期預金
・個人向け国債 変動10年
・生命保険の解約返戻金
・年金保険の解約返戻金

<外国債券>

 ・米ドル建てMMF
 ・外国債券ETF
  EDV
  BND





<参考 運用商品の記事一覧






旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿