2018年7月29日日曜日

北海道ツーリングに備えてマットを考えよう!














北海道バイクツーリングの準備をしています。
バイクのシートや積載を準備しました。
今回のツーリングはキャンプがメインなので道具を検討しています。
まずは、テントとシュラフを揃えました。

<参考 北海道ツーリングに備えてシュラフを考えよう!

テントとシュラフの次はマットです。
今まで使ってたマットは既にコンパクトなので
買わなくてもいいかなとも思いました。

今まで使ってたシュラフ
















BIG AGNES(ビッグアグネス)というブランドのものです。
エアコア レクタングラー(プチ)
すでに売られていないようです。















上がマットで、下がポンプハウスという、
マットに空気を入れる袋です。
袋を膨らませては押さえてマットに空気を入れます。















何回も空気の出し入れを繰り返すので大変ですが、
息を吹き込んでマットを膨らませるともっと大変なので、
ポンプハウスは便利です。収納もコンパクトで、
空気を入れるのも慣れれば簡単です

このセットで十分コンパクトなのですが、ネットで調べていると、
マットは身長以上でなくてもいいという情報があり、
確かにそうだなぁと思って、もっとサイズの小さいのを
購入することにしました。

モンベルのマット
















選んだのは、モンベル(mont-bell) マット
U.L.コンフォートシステムエアパッド120です。















オレンジブリック OGBR 1124321
サイズ:長さ120×幅50×厚さ8cm
収納サイズ:直径9×21cm















さすが、モンベル、補修用の付属品も付いてます。















ポンプハウスで空気を入れてみます。
空気の取り入れ口に接続します。















接続口はしっかり縛ります。















ポンプハウスの反対側は空いているので、
空気を入れて膨らませます。
膨らんだら閉じて、マット側に空気を押し込みます。















マットが膨らみました。















厚さもあって快適そうです。















収納は少しコンパクトな感じですね。

しかし、また他の考えが頭をよぎります。

モンベル(mont-bell) マット U.L.コンフォートシステムエアパッド120 オレンジブリック OGBR 1124321
by カエレバ

インフレータブルマット


自分で膨らませるエアマットが一番収納サイズが小さいです。
しかし、膨らませるには時間がかかります。

キャンプ場なら問題ないですが、マット持ち込みの宿とかに
泊まるもしれません。いろんなケースがあると思うので、
やっぱり、膨らませるのが簡単な自動膨張のインフレータータイプの
マットを持って行くことにしました。















RONDE インフレータブルマット アウトドア エアーマット
サイズ:180×50×2.5cm(収納時:16×26cm)















自動で膨らむといっても完全に膨らませるのは、
最後に自分で息を吹き込ませないといけません。















インフレータータイプのマットは収納サイズが大きくなりますが、
今回はこれを持って行こうと思います。

RONDE インフレータブルマット アウトドア エアーマット 自動膨張 軽量 コンパクト レジャーマット キャンプ 登山 【1年保証】グリーン
by カエレバ






旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿